オーディオとクラシックのまとめ

オーディオ全般と、クラシック音楽についてのまとめ。製品、音源情報、ニュースがわかるサイトを目指します。ハイレゾなどのトレンドも。



Acoustic Research AR-M200

春のヘッドフォン祭り2017において、数々の注目すべき新機種が発表されました。

たとえば、Acoustic Research(AR)の新DAP・AR-M200。

驚きました。バランスヘッドホン対応に4.4mm 5極のバランス出力(日本ディックスのPentaconn)を付けてきたからです。

4.4mmバランス端子と言えば、ソニーが主導して業界標準化を狙っていますが、本機の発表までは据え置き、ポータブル機ともにソニーしか採用していませんでした。他は2.5mmか、3.5mmばかり。このままこれまでにも何度もあったようにソニーの独自規格?で終わるかに見えました。そこに本機です。

しかも本機だけではありません。春のヘッドフォン祭り2017ではあのゼンハイザーも据え置きヘッドホンアンプの新機種・HDV 820を発表し、4.4mmバランス端子を付けてきたのです。

本機に話を戻すと、ヘッドホンアンプはクラスA、DACは旭化成エレクトロニクスの「AK4490EQ」を採用。FLAC/Apple Lossless/WAV/AIFF/DSD 11.2MHzの再生に対応。Bluetoothの送受信機能も備え、コーデックとしてaptX HDをサポートといった充実内容でありながらコンパクトでしかも、価格は何と4万円台を目指すというハイコスパぶり。

期待できるDAPが新たに登場したと言っていいでしょう。


xDuoo X10

NiNTAUS X10

NiNTAUS X10はアマゾンで発売されている格安のハイレゾ対応ポータブルオーディオプレーヤー(DAP)です。

ハイレゾはPCM系で24/192まで、そしてDSDも2.8MHzだけながら対応します。イヤホン端子はもちろん3.5mmミニプラグでアンバランスのみ。300Ωまでのハイインピーダンスヘッドホンにも対応します。

2.0インチTFT 300 * 240のカラー画面。日本語もちゃんと表示されるようです。


内蔵メモリーはなく、128GBまでのMicroSDカードで対応します。

音量は電子式で100ステップ。DACチップの記載はありませんし、オペアンプの銘柄云々もないようです。バッテリー容量は1500mAh。65時間再生可能とありますが、MP3ででしょうか。

ハイレゾDAPが多数あるなか、ここまでを見ると大したことはないかもしれません。

ただ、これで7000円程度の価格となれば、やはり驚きです。

ハイレゾ入門機、とくにDSDも再生できる低価格機を探している人には試す価値があるのではないでしょうか。



マーラー交響曲第9番 マリス・ヤンソンス&バイエルン放送交響楽団 SACD5

364
マリス・ヤンソンス&バイエルン放送交響楽団による、マーラーの交響曲第9番の録音が日本限定でSACDハイブリッドで発売。

録音は2016年10月と、本当に最新。発売日は2017年02月16日で、ニューイヤーコンサート並みとは言いませんが、相当早いですね。

これというのも、プレスの必要もない配信との競争力を高めるためなのでしょうか?クラシック音楽愛好家が、録音からリリースまでの時間をそう気にしているとも思えませんが。

SACDのメリットを生かして、SACD STEREOに加え、SACD 5.0 SURROUNDも収録。

上海問屋 DN-914018

ドスパラは上海問屋ブランドのカナル型イヤホン・DN-914018を1,999円(税込)で販売開始しました。

5Hz~40kHzとハイレゾ対応条件を満たす周波数帯域再生に対応しながらの価格であるのが最大の売り。

7mm径のダイナミック型ドライバーを搭載。再生周波数帯域は5Hz~40kHzで、最大入力が5mW、感度は96dB/1mW、インピーダンスが16Ω。

ケーブル長は約1.2mで、端子部は3.5mm 3極を採用。S/M/Lサイズのイヤーピースなどが付属します。

国内で普通に販売されているイヤホンとして最安価のハイレゾ対応イヤホンであろうと思われます。上海問屋はこうした低価格品を得意にしているので、そう驚くことでもないでしょう。むしろ、やっと出た、というくらい。

ちなみに、ヘッドホンでハイレゾ対応相当の40kHzの最安価を上海問屋が狙うのは難しいかもしれません。というのも、ヘッドホンのほうはすでに大メーカーのパイオニアが、SE-M521で実現しています。SE-M521はなんと実売1200円程度!ひとつ上位で低価格帯ヘッドホンの定番機種であるSE-M531でさえ1800円程度です。ソニーでさえ成し遂げていない偉業?です。

ですから、上海問屋がヘッドホンで最安価のハイレゾ対応機を狙うとなると、1000円ぽっきり当たりを狙うしかないわけです。そこまでして最安価の称号を取る必要はなさそうです。肝心の音質が置き去りになりそうです。

本機、DN-914018もそれほど注目されていないようです。なにしろ、低価格ハイレゾイヤホンも、エレコムのEHP-CH1000が3000円で売られています。元は1万円くらいでしたので、音質的にまず問題はありません。



安さでハイレゾ云々で勝負するのは難しそうです。
ようこそ
オーディオとクラシック音楽に関する話題・ニュースなどをお伝えしていきます!
このブログについて

RSS


スポンサーリンク
ギャラリー
  • マーラー交響曲第9番 マリス・ヤンソンス&バイエルン放送交響楽団  SACD
  • LUXMAN L-410
  • LUXMAN L-410
  • LUXMAN L-410
  • デイヴィッド・ジンマン/グレート・シンフォニーズ(50CD)
  • Accuphase E-210
  • Accuphase E-210
  • Accuphase E-210
  • Accuphase E-210
関連書籍紹介
記事ランキング
ブログパーツ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセス元ランキング
track word
楽天ウェブサービスセンター
記事検索
生産完了の名機をゲット!
本サイトはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • ライブドアブログ