Amulech(アムレック)は、DSD再生にも対応したUSB DAC/ヘッドフォンアンプ「AL-9628D」を6月16日に発売しました。価格(税込)は「AL-9628D」が23,000円。


★AL-9628Dの詳細情報(楽天市場)★
★AL-9628Dをamazonで見る★
Amulechは、元ラステーム・システムズの三上忠道氏によるオーディオブランドです。別記事にも書きましたが、ラステームが別の形で復活した、ということです。

AL-9628Dは、DSD 2.8MHzとリニアPCM 96kHz/32bitの再生に対応したUSB DAC/ヘッドフォンアンプ。アナログ音声出力(RCA)と標準ヘッドフォン出力に加え、同軸デジタル出力端子も装備。USB-DDCとしても利用可能となっています。しかもDSDもデジタル出力可能。ただし、信号形式はPCMで24/88.2。

DSD(DSF/DFF/DIFF/DSDIFF)再生はASIO 2.1でDSDネイティブ再生が可能となっています。なお、DoPには対応していません。

DACはPCMで32bit/384kHzまで対応能力のある、バーブラウン・PCM5102Aを使用。。ヘッドフォン出力は最大110mW×2ch(32Ω)、50mW×2ch(64Ω)、25mW×2ch(250Ω)。ヘッドフォンの対応インピーダンスは16~300Ωと十分。電源はUSBバスパワー・ACアダプター(DC12V)両対応。音質を良くしたいならACアダプターでしょう。

対応OSはWindows XP/Vista/7/8/8.1と、Mac OS X 10.6.3以降。Windows専用ドライバを同梱。MacはOS標準ドライバで動作。

さすがというか、復活第一弾にして、何か他と違います。PCM 96kHz/32bit対応というのもなんだか不思議。DSDをデジタル出力できる機能はかなり珍しいのでは。外部DACでDSDを聴く際は、88.2に対応しない単体DACもあるのでご注意ください。PCMはすべて24/96で出力されるようです。

ただ、DACがPCM5102AなのにDSDネイティブ再生が可能となっているのは?たしかPCMだけのチップだったのでは。

とはいえ、この機種、メーカー直販では販売初日に今日、いきなり17000円(税込み)で売っています。DSD対応単体DACでこのような価格の製品はこれまであったでしょうか?何かそういうあたりを狙っていたのかもしれません(2万円程度なら、USB-DACでiBassoにあったような)。これまでのラステームのようにプリアウトも欲しかったですが、これも価格を考慮したためでしょうか?背面にはMADE IN JAPANの文字!これも価値があるでしょうか。

もともとデザインが悪い、と言われていましたが、ますますデザインはガレージっぽくなりましたね…。そこはちょっと心配。

とりあえず第一弾ということで様子見と、業界でしっかり売れることを考え、現状で最善の価格、内容にした、ということでしょうか。アマゾンでも安価なことも期待します。個人的にはUDAC32RDのような高性能なDAC/プリアンプをまた期待しています。
:製品情報:Amulech:USB-DAC:ア


AL-9628Dのヤフオク出品